COMPETITION ENTRY

応募資格

【 コンペティションⅠ 】

  • 1. 振付家として公演実績があること(応募者の単独公演でなくても可)

※今回より振付家の経験年数は問いません

【 コンペティションⅡ 】

  • 1. 振付家経験不問
  • 2. 日本在住の25歳以下(1993年4月2日以降に出生した人)

【 共通 】

過去「横浜ダンスコレクション」において下記の賞を受賞していないこと

  • 「審査員賞」(2011年以降)
  • 「若手振付家のための在日フランス大使館賞」
  • 「未来へはばたく横浜賞(旧横浜市(芸術)文化振興財団賞)」
  • 「最優秀新人賞」(コンペティションⅠへの応募は可能)

応募作品の条件

【 コンペティションⅠ 】

本選での上演時間は、20分以内とします

【 コンペティションⅡ 】

  • 1. 本選での上演時間は、10分以内とします
  • 2. 本選では、映像、舞台美術等の使用は出来ません
  • 3. 連名やカンパニー名での共同振付の応募はできません

【 共通 】

  • 1. 日本の法律で制限されている表現方法は認められません
  • 2. 過去、「横浜ダンスコレクション」において、上演された作品での応募はできません
  • 3. 作品の構成人数(ソロ、デュオ、またはグループ)に制限はありません
  • 4. 応募者1 名(1組)につき1 作品のみ応募可能

※コンペティションⅠとⅡの重複応募はできません

応募方法

【 WEB 】

応募フォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください
すべての提出資料を一つのファイルにまとめ、圧縮(zip)し、オンラインストレージ上(ギガファイル便やfirestorageなど)にアップロードしてください
アップロード後に発行されるURLを応募フォームの該当欄にご入力ください

【 郵送・持込 】

応募用紙、写真、映像、提出資料をまとめ郵送またはお持込ください

提出資料

応募用紙は日本語または英語で記入してください
提出資料に不備があった場合は、選考対象からはずれますのでご注意ください。また、応募された資料は返却いたしません

【 共通 】

  • 1. 応募用紙
    応募用紙(PDF)はこちら
    応募用紙(Word)はこちら
  • 2. 写真1 枚(振付家のポートレート)
    写真のデータのタイトルを「振付家氏名」にしてください
    (持込、郵送の場合は写真の裏面に明記してください)
    ※使用に関して撮影者から許可が得られているもの
  • 3. 振付家個人のプロフィール
    コンペティションⅠにグループ(カンパニー)での申請の場合は、各振付家のプロフィールが必須
  • 4. 応募作品の映像
    • 映像資料は、データとしてmp4もしくはavi 形式とする
    • 本選で上演する作品と必ず同じ作品の映像であること
    • データのタイトルは「振付家氏名」にしてください
    • 特殊視覚効果を抑えた映像であること
    • 1作品のみ、応募作品の条件時間内の作品を収録すること
  • 5. テクニカルシート(以下の要件に該当する場合)
    上演にあたり、限られた時間内に仕込み、リハーサルを行わなければならない制約があります。応募作品上演にあたり、技術的に難しい要素を含んでいる場合は、詳しいテクニカルシートを別途添付してください。

【 コンペティションⅠ 】

  • 過去の公演チラシまたは契約書のコピー

【 コンペティションⅡ 】

  • 顔の表情、身体の動きがよくわかる映像であること
  • 30秒程度の自己PR 映像のデータタイトル「振付家氏名PR」としてください

本選会場

コンペティションⅠ:
横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
  • 1. サイズ 間口9.9m×奥行10.8m×高さ約4.5m
  • 2. 条件 床面:黒リノリウム
    袖幕:5 対(黒)
    バック幕:大黒、ホリゾント幕(スクリーン兼用)、赤レンガ壁のいずれか選択可
図面PDFはこちら
コンペティションⅡ:
横浜にぎわい座 のげシャーレ
  • 1. サイズ 間口9m×奥行7m×高さ約5.5m
  • 2. 条件 床面:黒リノリウム
    壁面:黒幕
図面PDFはこちら

* 本選会場、条件については、変更となる場合がございます

本選にあたっての注意事項

【 コンペティションⅠ 】

  • 1. 本選は、2019年2月9日(土)、10日(日)に開催し、ファイナリストはいずれか1日での上演となります
  • 2. 本選での上演時間は、20分以内とします
  • 3. フランス大使館賞では、英語またはフランス語でのコミュニケーション能力を要します

【 コンペティションⅡ 】

  • 1. 本選は、2019年2月7日(木)、8日(金)に開催し、ファイナリストはいずれか1日での上演となります
  • 2. 本選での上演時間は、10分以内とします
  • 3. 上演につき、音響・照明等による演出には制限があります

【 共通 】

  • 交通費、滞在費等の経費は、各自でご負担ください
  • ファイナリストは、広報及び集客のご協力をお願いします
  • 表彰式は、2019年2月10日(日)に、横浜赤レンガ倉庫1号館3FホールにてコンペティションⅠの審査会終了後に行います

賞及び審査

【 コンペティションⅠ 】

  • 審査員賞
    [副賞]翌年以降における「横浜ダンスコレクション」での上演及び賞金40万円(創作活動補助金)
  • 若手振付家のための在日フランス大使館賞
    [副賞]2020年、フランスでの約3ヶ月間のレジデンスプログラム
  • MASDANZA賞
    [副賞]2019年、インターナショナル・コンテンポラリーダンス・フェスティバルMASDANZA(スペイン)への出場の権利
  • シビウ国際演劇祭賞
    [副賞]2020年、ルーマニアで開催するシビウ国際演劇祭での上演

審査員
岡見さえ(舞踊評論家)
近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー)
多田淳之介(東京デスロック主宰・富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)
矢内原美邦(ニブロール主宰・振付家・演出家・戯曲作家・近畿大学准教授)
グザヴィエ・ぺルソン(アンスティチュ・フランセ横浜 館長)
エマール・クロニエ(フランス国立ダンスセンター 副ディレクター)
在日フランス大使館文化アタシェ
その他、海外より提供される各賞の審査員は、各国のダンス専門家が務めます。

【 コンペティションⅡ 】

  • 最優秀新人賞
    [副賞]作品創作支援及び翌年の「横浜ダンスコレクション」での上演をサポート

審査員
伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団主宰・振付家・演出家・ダンサー)
ヴィヴィアン佐藤(美術家)
柴幸男(ままごと主宰・劇作家・演出家)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)