PROGRAM
2

Competition I

コンペティションI

14の国・地域を拠点に活動する92組の応募から、映像・書類審査を通過した4カ国8組のファイナリストによる作品上演。

※12月3日(土)に上演予定のグエン・ヅウィ・タインさん(ベトナム拠点)は、ご本人の都合により上演辞退することとなりました。つきましては、12月3日(土)の上演審査はファイナリスト4組から3組へ変更いたします。

@横浜赤レンガ倉庫1号館 3FホールYokohama Red Brick Warehouse No.1 3rd floor Hall

12.3 [Sat] 15:00

池上楓子/中村たから

『Puppenhaus』

寺杣 彩

『オアシスサン』

ファイルル・ザイヒド 〈LASALLE Dance〉
(シンガポール)

『So-PAN』

グエン・ヅウィ・タイン
(ベトナム)

※上演辞退

12.4 [Sun] 15:00

小倉 笑

『M2』

小野彩加/中澤 陽

『バランス』

四戶賢治

『ORGARHYTHM』

リュウ・イ・リン
(台湾)

『… and, or…』

JURY | 審査員

梅田宏明(振付家、ダンサー、ビジュアルアーティスト、横浜赤レンガ倉庫1号館振付家)、岡見さえ(舞踊評論家、共立女子大学文芸学部准教授)、北村明子(振付家、ダンサー、信州大学人文学部教授)、近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー・彩の国さいたま芸術劇場 芸術監督)、多田淳之介(演出家、東京デスロック主宰)、浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)、サンソン・シルヴァン(在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 文化担当官)、シモン・ホレンベルジェ(アンスティチュ・フランセ横浜 館長)、カトリーヌ・ティケニス(フランス国立ダンスセンター(CND)総合ディレクター)、セルジュ・ローラン(ヴァン クリーフ&アーペル ダンス&文化プログラム マネージャー)
城崎国際アートセンター(KIAC) 賞及びアーキタンツ・アーティスト・サポート賞の審査員は、各団体の担当者が務めます。

審査員賞

翌年以降における「ヨコハマダンスコレクション」での上演及び賞金40万円(創作活動補助金)

若手振付家のための在日フランス大使館賞・
ダンス リフレクションズ by ヴァン クリーフ&アーペル賞

フランスでのレジデンスプログラム


助成:ダンス リフレクションズ by ヴァン クリーフ&アーペル 

協力:CN D 

城崎国際アートセンター(KIAC)賞

城崎国際アートセンターでの滞在制作の機会を提供

アーキタンツ・アーティスト・サポート賞

スタジオアーキタンツでのクリエ―ションに使用するスタジオを提供

池上楓子/中村たから

池上楓子/中村たから

(池上楓子)
近所の教室にて2歳より、児童舞踊を平井允浦に師事。日本女子体育大学舞踊学専攻に入学し、在学中、コンテンポラリーダンスを岩淵多喜子に師事。現在は、2020年東京オリンピック閉会式の出演をきっかけに、平原慎太郎主宰ユニット<De/Co.>が形成され、現在メンバーとして活動中。
(中村たから)
5歳よりモダンダンスを始める。金田尚子に師事。
日本女子体育大学に入学後、コンテンポラリーダンスを始める。岩淵多喜子研究室に所属。
その他、公演、イベント、映像にも精力的に参加。

小倉 笑

小倉 笑

2014年より京都で活動を開始。以降、康本雅子等の舞台に出演、様々なアーティストとコラボレーションをしている。近年では欧州、南米などで開催されるアートフェスなどに招聘され国内外で活動。2021年に”RISING KAIGEN”としてバーレスクデビュー。同年、創作団体<SMILE>を立上げ、舞台作品”SMILE”を発表。

小野彩加/中澤 陽

小野彩加/中澤 陽

二人組の舞台作家として2012年より活動。舞台芸術の既成概念に捉われず、独自の新しい仕組みを研究開発しながら舞台芸術の在り方と価値を探究している。固有の環境や関係により生じるコミュニケーションを創作の根源とし、作品ごとに異なるアーティストとのコラボレーションを積極的に行なっている。

四戶賢治

四戶賢治

ドイツのフォルクヴァング芸術大学舞踊科卒業。現在デュッセルドルフを拠点に15か国40都市以上を踊り渡って活動中。
2016年第5回国際タンツテアターフェスティバルの振付コンペティションにて優勝&観客賞。2018年ケルン国際ソロデュオフェスティバルにて最優秀新人賞、続く2019年ブダペストでは最優秀作品賞と観客賞をW受賞。

寺杣 彩

寺杣 彩

加藤みや子ダンススペース所属。福岡ダンスフリンジフェスティバル(2015)への参加を機に、New Dance for Asia,Duo Dance Festival Daegu等に招聘。
また、自身の創作活動の他、ドラマやCM等に振付・出演・歌唱などで携わる。
日常に漂うダンスに注目し、動作と振付の狭間を行き来させることに面白みを感じている。

LASALLE Dance (マレーシア拠点)

ファイルル・ザイヒド 〈LASALLE Dance〉(シンガポール)

シンガポールを拠点に活動する振付家。<LASALLE College of the Arts, Singapore>でダンス講師を務めている。LASALLEは、現代美術やデザインの教育・実践においてアジアをリードする高等教育機関。教授陣には、受賞歴のあるアーティスト、デザイナー、教育者、研究者が名を連ね、実践を重視し、国際的な研究拠点としての地位を確立している。

リュウ イ リン(台湾拠点)

リュウ・イ・リン(台湾)

〈Bill T. Jones/Arnie Zane Company〉に11年在籍。追憶、孤独、社会観察に焦点をあてた振付活動を行なっている。

グエン ヅウィ タイン(ベトナム拠点)

グエン・ヅウィ・タイン(ベトナム)

※上演辞退
コンテンポラリーダンス、フィジカルシアター、ヒップホップの領域で活動する、ダンスアーティスト、振付家。