COMPETITION ENTRY

応募資格

【 コンペティションⅠ 】

  • 1. 公演実績があること(応募者の単独公演でなくても可)
  • 2. 活動年数や年齢の制限はありません

【 コンペティションⅡ 】

  • 1. 振付家経験不問
  • 2. 日本在住の25歳以下(1997年4月2日以降に出生した人)

【 共通 】

「ヨコハマダンスコレクション」において下記の賞を受賞していないこと

  • 「審査員賞」(2011年以降)
  • 「若手振付家のための在日フランス大使館賞」
  • 「未来へはばたく横浜賞(旧横浜市(芸術)文化振興財団賞)」
  • 「最優秀新人賞」(※コンペティションⅠへの応募は可能)

※コンペティションⅠとⅡの重複応募はできません

応募作品の条件

【 コンペティションⅠ 】

  • 1. 上演審査での上演時間は、20分以内とします
  • 2. 連名やカンパニー名での共同振付作品の応募も可能です

【 コンペティションⅡ 】

  • 1. 上演審査での上演時間は、10分以内とします
  • 2. 連名やカンパニー名での共同振付作品の応募はできません
  • 3. 照明演出について、一定の制限があります
  • 4. 上演審査では、映像、舞台美術等の使用ができません

【 共通 】

  • 1. 日本の法律で制限されている表現方法は認められません
  • 2. 過去の「ヨコハマダンスコレクション」で上演された作品の応募はできません
  • 3. 応募者1名(1組)につき1作品のみ応募可能
  • 4. 作品の構成人数(ソロ、デュオ、またはグループ)に制限はありません

応募方法 (Webエントリーのみ)

応募フォームから登録完了後、自動返信メールにて提出資料のデータアップロード先URLをお知らせいたしますので、メール到着後24時間以内に提出資料をアップロードしてください。
提出資料一式をzip形式に圧縮してアップロードしてください。データタイトルを「振付家氏名」にしてください。(例:○○.zip ○○は「振付家氏名」)

提出資料のデータアップロードにはDropboxを利用します。
Dropboxのアカウントをお持ちでない方、または、ログインされていない場合は、以下のイメージ赤枠にて、応募フォームの「お名前」と「メールアドレス」を赤枠内に入力して、アップロードしてください。

※提出資料のデータアップロード後、応募完了となります。

提出資料

提出資料に不備があった場合は、選考対象となりませんのでご注意ください

【 共通 】

  • 1. 写真1 枚(振付家のポートレート)
    • 写真のデータタイトルを「振付家氏名_撮影者名」にしてください
    • 下記の“応募作品の映像”同様に使用に関して撮影者から許可が得られているもの
    • ファイナリストに選出された場合、Web、プレスリリース、チラシ等の広報に使用します(トリミングする場合あり)
  • 2. 応募作品の映像
    • 上演審査での作品と必ず同じ作品の映像であること
    • コンペティションⅠは20分以内、コンペティションⅡは10分以内の作品(映像)を提出すること
    • 特殊視覚効果を抑えた映像であること
    • 映像資料は、データで提出すること
    • データタイトルは「振付家氏名」にすること
  • 3. テクニカルシート(以下の要件に該当する場合)
    限られた時間内に仕込みやリハーサルを行うため、応募作品の上演にあたり、技術的に難しい要素を含んでいる場合は、詳しいテクニカルシートを別途添付してください

【 コンペティションⅠ 】

  • 過去の公演チラシデータ等の公演実績がわかるもの1点

【 コンペティションⅡ 】

  • 身体の動きがよくわかる映像であること
  • 30秒程度の自己PR映像 データタイトルを「振付家氏名_PR」とし必ず提出してください
  • この映像は広報に使用する場合があります 使用する際には事務局より事前に確認します。

上演審査会場

コンペティションⅠ:
横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
  • 1. サイズ 間口10 m×奥行10 m×高さ約4.5m
  • 2. 条件 床面:黒リノリウム
    袖幕:5 対(黒)
    バック幕:大黒、ホリゾント幕(スクリーン兼用)、赤レンガ壁のいずれか選択可
図面PDFはこちら
コンペティションⅡ:
横浜にぎわい座 のげシャーレ
  • 1. サイズ 間口10.8m×奥行7.2m×高さ約5.5m
  • 2. 条件 床面:黒リノリウム
    壁面:黒幕
図面PDFはこちら

* 会場、上記の条件については、変更となる場合があります。

上演審査にあたっての注意事項

【 コンペティションⅠ 】

  • 1. 上演審査は、2022年12月3日(土)、4日(日)に開催し、ファイナリストはいずれか1日での上演となります
  • 2. 上演審査での上演時間は、20分以内
  • 3. フランス大使館賞では、英語またはフランス語でのコミュニケーション能力を要します

【 コンペティションⅡ 】

  • 1. 上演審査は、2022年12月1日(木)、2日(金)に開催し、ファイナリストはいずれか1日での上演となります
  • 2. 上演審査での上演時間は、10分以内
  • 3. 音響・照明等による演出には限度があります

【 共通 】

  • 交通費、滞在費等の経費は、各自でご負担ください
  • 広報宣伝のご協力をお願いします
  • 表彰式は、2022年12月4日(日)、横浜赤レンガ倉庫1号館3FホールにてコンペティションⅠの審査会終了後に行います

賞及び審査

【 コンペティションⅠ 】

  • 審査員賞
    [副賞]翌年以降の「ヨコハマダンスコレクション」での上演及び賞金40万円(創作活動補助金)
  • 若手振付家のための在日フランス大使館・ダンス リフレクションズ by ヴァン クリーフ&アーペル賞
    [副賞]フランスでのレジデンスプログラム
  • 城崎国際アートセンター(KIAC)賞
    [副賞]城崎国際アートセンターでの滞在制作の機会を提供
  • アーキタンツ・アーティスト・サポート賞
    [副賞]スタジオアーキタンツでのクリエ―ションに使用するスタジオ(50時間)を提供

審査員(五十音順)
梅田宏明(振付家、ダンサー、ビジュアルアーティスト、横浜赤レンガ倉庫1号館振付家)
岡見さえ(舞踊評論家、共立女子大学文芸学部准教授)
北村明子(振付家、ダンサー、信州大学人文学部教授)
近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー・彩の国さいたま芸術劇場 芸術監督)
多田淳之介(演出家、東京デスロック主宰)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)
サンソン・シルヴァン(在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 文化担当官)
シモン・ホレンベルジェ(アンスティチュ・フランセ横浜 館長)
※城崎国際アートセンター(KIAC)賞及びアーキタンツ・アーティスト・サポート賞の審査員は、各団体の担当者が務めます。

【 コンペティションⅡ 】

  • 最優秀新人賞
    [副賞]作品創作支援及び翌年の「ヨコハマダンスコレクション」での上演をサポート
  • アーキタンツ・アーティスト・サポート賞
    [副賞]スタジオアーキタンツでのクリエ―ションに使用するスタジオ(30時間)を提供

審査員(五十音順)
ヴィヴィアン佐藤 (美術家)
加藤弓奈 (急な坂スタジオ ディレクター)
北尾 亘 (Baobab主宰・振付家・ダンサー)
浜野文雄 (新書館「ダンスマガジン」編集委員)
※アーキタンツ・アーティスト・サポート賞の審査員は、団体の担当者が務めます。

応募フォームはこちら