ABOUT | YOKOHAMA DANCE COLLECTION

ABOUT

SESSION / TRACE / HOME

23回目を迎える2018 年開催では、「SESSION / TRACE / HOME」をテーマに、世界的に活躍するアーティストによる領域横断的なクリエーションや、国内外のコンテンポラリーダンスシーンをリードする振付家による新作と再創作、近年の受賞振付家による意欲作を上演します。
大人になる曖昧な境界線と風化しない記憶を重ね合わせたNibroll『コーヒー』。100年前、世界に衝撃を与えたバレエ・リュスの作品『Parade』を新解釈してジェレミー・ベランガール、渋谷慶一郎、ジュスティーヌ・エマールが、身体・音楽・映像の3つの媒体を幾重にも重ね、共鳴し合う『Parade for the End of the World』。寺田みさこは、他者と自分の身体の「共有」から生まれる表現を、身体に宿し、三部作として発表します。 さらに、時代を共有して身体と表現に新たな視線を向ける「振付」のオリジナリティーに価値を置くコンペティションや、ダンスワークショップ、屋外パフォーマンス、展覧会などの多彩なプログラムを、横浜赤レンガ倉庫1 号館、横浜にぎわい座 のげシャーレ、象の鼻テラスで繰り広げる3 週間です。

OUTLINE | 開催概要

期:
2018年2月2日(金)~2月18日(日) 計17日間
場:
横浜赤レンガ倉庫1号館及び屋外広場、横浜にぎわい座 のげシャーレ、象の鼻テラス
催:
横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
催:
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜にぎわい座[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
成:
平成29年度文化庁国際芸術交流支援事業
証:
beyond2020
携:
国際舞台芸術ミーティングin 横浜2018実行委員会、Seoul Performing Arts Festival、MASDANZA、シビウ国際演劇祭(FITS in Romania)
賛:
株式会社資生堂、キリンビール株式会社横浜支社、株式会社JVCケンウッド
力:
象の鼻テラス、急な坂スタジオ、STスポット、株式会社JSS、城崎国際アートセンター(豊岡市)、横浜みなとみらいホール[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
援:
新書館「ダンスマガジン」、駐日韓国大使館 韓国文化院、駐日フィリピン共和国大使館、駐日ブラジル大使館、横浜市文化観光局
  • 横浜赤レンガ倉庫1号館
  • 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団YOKOHAMA ARTS FOUNDATION
  • Institut_FRANCAIS
  • 横浜にぎわい座
  • 文化庁
  • beyond2020
  • TPAM
  • Seoul performing festival
  • masdanza
  • Festivalul international de teatru de la sibiu
  • 資生堂
  • KIRIN
  • JVC KENWOOD
  • 象の鼻テラス
  • 急な坂スタジオ
  • 横浜の小劇場「STスポット横浜」
  • JSS 株式会社ジェー・エス・エス
  • 城崎国際アートセンター
  • 横浜みなとみらいホール
  • DANCE MAGAZINE
  • 駐日韓国文化院
  • 駐日ブラジル大使館

ARCHIVE